業績レビュー

経営成績等の概要

当期の経営成績の概要

(2021年3月期)

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、依然として厳しい状況で推移いたしました。足許においては、政府による各種政策の効果等もあって、持ち直しの動きが続いているものの、感染の動向が内外経済に与える影響に十分注意する必要がある状況です。

不動産業界におきましては、賃貸オフィス市場については、新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワークの普及等によって、空室率の上昇等が見られました。不動産投資市場については、良好な資金調達環境と新型コロナウイルスの影響が比較的軽微なわが国の不動産に対する投資家の高い投資意欲を背景に、積極的な物件取得は継続しており、堅調に推移いたしました。一方、新型コロナウイルスの感染拡大が不動産市況に与える影響については、引き続き注視する必要があります。

このような事業環境のもと、当社グループでは2020年4月30日に公表した中期経営計画「Challenge & Progress」の事業戦略に沿い、再開発事業の推進、外部成長をはじめとしたビルディング事業、アセットマネジメント事業等に取り組むことにより、企業価値の向上に努めてまいりました。また、在宅勤務の実施、ウェブ会議システム等の活用、社内手続きの電子化等により、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めてまいりました。

この結果、当社グループの連結業績につきましては、売上高は350億48百万円(前期比115億90百万円、24.9%減)、営業利益は112億28百万円(同3億24百万円、3.0%増)、経常利益は102億44百万円(同2億38百万円、2.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は71億18百万円(同72百万円、1.0%増)となり、過去最高益を更新いたしました。

(単位:百万円)

セグメントの名称 前連結会計年度 当連結会計年度 比較
売上高 営業利益 売上高 営業利益 売上高 営業利益
ビルディング事業 22,508 9,080 21,713 8,573 △794 △507
アセットマネジメント事業 22,136 3,128 11,969 3,937 △10,166 809
その他の事業 1,995 180 1,365 84 △630 △95
調整額 △1,485 △1,367 118
46,639 10,903 35,048 11,228 △11,590 324
TOP