日本橋兜町・茅場町再活性化プロジェクト

街づくりコンセプト

人が集い、投資と成長が生まれる街づくり

兜町は、明治以来、「コト始めの街」「投資の街」「証券の街」としての地歴を有し、時代時代のイノベーションが起こり、投資家が集い、さまざまな情報が交流する舞台となってきました。こうした歴史的な背景などを踏まえ、「人が集い、投資と成長が生まれる街づくり」を街づくりコンセプトとして掲げ、兜町の持つポテンシャルと周辺の街の機能との融和による、「兜町らしさ」の再構築を目指しています。

「国際金融都市・東京」構想における役割

日本橋兜町・茅場町地区は、下記の3つをコンセプトとした証券・金融に係る機能(金融関連機能)の整備を行政に提案しています。大手銀行本店等の金融機関が集積する大手町地区、日本銀行のある日本橋地区などと役割を分担・連携しながら、段階的な開発を通じて、金融関連機能の導入を図ります。将来的には、地区全体で「国際金融都市・東京」構想の一翼を担っていきます。

金融関連機能整備のコンセプト

  • 資産運用を中心とした
    金融ベンチャー企業等の発展支援
  • 投資家と企業の
    対話・交流促進拠点の整備
  • 主として外国人をターゲットとした
    高度金融人材の受入促進

街づくり対象エリア

兜町は古くから東京証券取引所を中心とする証券の街として知られており、当社が創業し、本店を構える地でもあります。街づくり対象エリアの面積は約10万m2。地下鉄5路線の駅が集積し、東京駅へも徒歩圏、羽田・成田の両国際空港へのアクセスも良好な潜在価値の高いエリアです。

再開発におけるリーディングプロジェクトである(仮称)日本橋兜町7地区開発計画は、国家戦略特区のプロジェクトとして認定されています。
また、エリア内の新金融拠点「FinGATE」 として、3つのオフィスを開設するなど、「国際金融都市・東京」構想の実現に寄与すべく、日本橋兜町・茅場町地区の再活性化を通じて、Fintech企業をはじめとするスタートアップ企業の成長に貢献していきます。

(仮称)日本橋兜町7 地区開発計画

ー再開発におけるリーディングプロジェクトー

事業者 平和不動産株式会社、山種不動産株式会社、ちばぎん証券株式会社、株式会社兜町第3平和ビル
主要用途 事務所、店舗、金融関連施設
敷地面積 約3,350m2
計画容積率 1,000%
延床面積 約38,000m2
階数/ 高さ 地上15階、地下2階/約90m
予定工期 2018年度~2020年度

※記載の内容は今後の行政協議や詳細検討により変更となる可能性があります。

外観イメージ

FinGATE

ーエリア内の新金融拠点ー

  • FinGATE KABUTO
  • FinGATE KAYABA
  • FinGATE BASE

関連リンク

兜LIVE!

投資と成長が生まれる街
日本橋兜町のコミュニティサイト

CAFE SALVADOR BUSINESS SALON

再開発及び地域活性化に向けて
様々なイベントを展開

TOP