街づくりビジョン

明治以来、
「コト始めの街」「投資の街」「証券の街」としての地歴を有してきた日本橋兜町・茅場町。
そこでは時代時代のイノベーションが興り、
投資家が集い、様々な情報が交流する舞台となってきた。

日本橋兜町・茅場町はグローバルな金融マーケットの中心地。
しかし、情報や取引のシステム化・プログラム化の進展とともに、
街の賑わいは近年失われつつある。

経済の成長による豊かさから、
成熟した豊かさ、精神的な豊かさへの社会的ニーズのシフト。

日本橋兜町・茅場町の再活性化、街づくりにあたり、継承し発展すべき個性
「兜町らしさ」とはなにか。

投資家、次世代の経営を担う企業家、新事業を立ち上げる起業家
そうした人々を支援する人々が交流し、
成熟した投資文化、金融リテラシー、新しいビジネスが育まれる。
そういう街を目指していきたい。

日本橋兜町・茅場町 街づくりコンセプト

「人が集い、投資と成長が生まれる街づくり」

日本橋兜町・茅場町の役割

「国際金融都市・東京」構想の一翼を担う

日本橋兜町・茅場町地区は、大手銀行本店等の金融機関が集積する大手町地区、日本銀行のある日本橋地区などと役割を分担・連携しながら、段階的な開発を通じ、金融関連機能の導入を図ることで、将来的に地区全体で「国際金融都市・東京」構想の一翼を担っていきます。
リーディングプロジェクトとなるKABUTO ONEは、東京圏国家戦略特別地域(国家戦略特区)における国家戦略都市計画建築物等整備事業として、内閣総理大臣の認定を受けました。


「金融関連機能」って?

日本橋兜町・茅場町地区は「国際金融都市・東京」構想の一翼を担うために、「資金運用を中心とした金融ベンチャー企業等の発展支援」「投資家と企業の対話・交流促進拠点の整備」「主として外国人をターゲットとした高度金融人材の受入促進」の3つの証券・金融に係る機能(金融関連機能)の整備を行政へ提案している。

「国際金融都市・東京」構想って?

東京都は、世界に冠たる国際金融都市・東京の実現に向け、国や民間、City of Londonなど官民・国内外の連携体制の下、以下の取組を推進していくという構想を策定した。
(1) 魅力的なビジネス面、生活面の環境整備
(2) 東京市場に参加するプレーヤーの育成
(3) 金融による社会的課題解決への貢献

「国家戦略特区」って?

「国家戦略特区」とは、政府の成長戦略の大きな柱で、現時点では『都市再生・まちづくり』『医療』『農業』『歴史的建築物の活用』『教育』『雇用』の6分野の規制改革が想定されている。
国家戦略特区においては、規制改革事項等を活用した事業を実施することが可能であり、『都市再生・まちづくり』の分野では建物の容積率の緩和や許認可、手続きの短縮等のメリットが期待される。


街づくり対象エリア

街づくり対象エリアの面積は約10万m²
地下鉄5路線利用可能
羽田・成田国際空港への交通アクセス良好
東京駅へも徒歩圏の好立地

街づくり対象エリア 当社グループ保有資産



KABUTO ONE

日本橋兜町・茅場町再開発の第1弾プロジェクト
金融関連の情報発信や人材育成、
投資家と企業の交流促進を図り、
地域全体の更なる発展、魅力の向上に貢献
日本橋兜町の「心臓」をイメージした
世界最大規模のデジタルサイネージ「The HEART」を設置


FinGATE

エリア内の新金融拠点として4つのオフィスを開設
東京都が推進する「国際金融都市・東京」構想の実現に寄与すべく、
Fintech企業をはじめとするスタートアップ企業の成長に貢献


K5

宿泊と飲食等複数の機能を有するマイクロ・コンプレックス
歴史的建築物の有効活用の取り組みが評価され、
2020年度グッドデザイン賞を受賞


ツナグ・Bridging

“ツナグ”をコンセプトとした新しい飲食体験を提供するテナントを誘致
それぞれの店舗がこのエリアの未来への可能性に共感し(ネイバーフッド)
それぞれに発信力や個性(オリジナリティ)があり
コト始めの街であるココからはじまっていく(オリジン)

ease (イーズ)
ease
(イーズ)
Neki (ネキ)
Neki
(ネキ)
Omnipollos Tokyo(オムニポロス・トウキョウ)
Omnipollos Tokyo
(オムニポロス・トウキョウ)
Human Nature +Stockholm Roast(ヒューマン ネイチャー+ストックホルムロースト)
Human Nature +Stockholm Roast
(ヒューマン ネイチャー+ストックホルムロースト)