日本橋兜町の歴史・史跡

日本橋兜町の史跡

旧渋沢栄一邸跡


画像提供:清水建設株式会社

第一国立銀行・東京株式取引所などの創立者として知られる渋沢栄一翁の兜町邸宅は、明治21年(1888年)、この地に建てられました。後に日本銀行本店、東京中央停車場(東京駅)の設計で有名となる辰野金吾の設計によるもので、明治34年(1901年)に渋沢栄一翁が飛鳥山(現在の東京都北区)に移り住んだ後は、渋沢事務所として使用されました。
大正12年(1923年)9月1日、兜町の渋沢事務所の書斎で所員と打合せをしていた渋沢栄一翁は、激しい揺れに見舞われ建物が崩れる中を無事避難しましたが、同夜、兜町一体は火に包まれ、事務所は全焼してしまいました。

日証館

昭和3年(1928年)、東京株式取引所によって渋沢栄一邸の跡地に日証館が建設されました。当初は東株ビルディングと呼ばれましたが、昭和18年(1943年)の日本証券取引所設立後に日証館と呼ばれるようになりました。
昭和21年(1946年)、取引所の市場館・本館が米軍に接収されたため、取引所市場は閉鎖されましたが、同年5月から、東京証券取引所が設立される昭和24年(1949年)5月までの間、日証館1階の事務所で取引所取引に代わる集団取引が行われていました。
戦後は証券会社数が激増し、昭和26年(1951年)には35社の証券会社が入居する事務所ビルとして使用されました。

銀行発祥の地


海運橋兜町三井組為換座五階造之真図遠景
画像提供:中央区立郷土天文館


「銀行発祥の地」銘板

日本最初の銀行である「第一国立銀行」(みずほ銀行の前身)は、明治6年(1873年)に兜町に創設されました。当時の建物は、錦絵にも数多く描かれており、東京における名立たる擬洋風建築(和洋折衷建築)の一つとして明治・東京の新名所にもなりました。
現在は、みずほ銀行兜町支店の建物となっており、「銀行発祥の地」という銘板と、現在に至るまでの建物の変遷を紹介するパネルが建物壁面に設置されています。

兜神社


画像提供:中央区立京橋図書館

日証館に隣接する場所に鎮座する神社は、証券界の守り神とされる兜神社です。
東京株式取引所(東京証券取引所の前身)が設けられるに当たり、明治11年(1878)5月に取引所関係者一同の信仰の象徴および鎮守として兜神社が造営されました。
なお、境内に安置されている兜岩の由来には次のような説があります。江戸時代、当地に屋敷を構えていた牧野氏邸宅内に、源義家(あるいは頼家)が兜を埋めたとも、俵藤太(藤原秀郷)が討ちとった平将門の兜を埋めたともいわれる兜塚と呼ばれる塚がありました。そして、この上にあった岩が兜岩であると伝えられています。

制作協力
中央区立郷土天文館
公益財団法人渋沢栄一記念財団渋沢史料館

日本橋兜町の歴史・史跡
日本橋兜町の歴史
日本橋兜町の史跡
日本橋兜町のビル物件
賃貸物件情報
平和不動産グループが賃貸・管理する物件等をご紹介します。
再開発実績
大阪北浜・名古屋栄・仙台一番町エリアでの開発実績をご紹介します。
日本橋兜町の歴史・史跡
当社の発祥の地である「日本橋兜町」の再開発を当社は推進しています。
このページのTOPへ