企業情報

社長メッセージ

 当社は、我が国金融マーケットの中枢的機能・役割を担う東京、大阪、名古屋などの証券取引所ビルのオーナー企業として、1947年に創立されました。

 以来、「安心で心地良いオフィスと住まいの空間を提供し、人と街に貢献する。」という経営理念の下、全国主要都市におけるオフィスや商業施設の賃貸事業、住宅の分譲・賃貸事業等を中心に事業領域を拡大し、また、近年にあっては、平和不動産リート投資法人のスポンサーとしてアセット・マネジメント事業やプロパティ・マネジメント事業による事業基盤の拡大を進めてきました。

 このような長年にわたる実績と信頼を基盤として、不動産会社の成長の源泉である「開発力」を高め、当社の独自性を発揮していくため、現在は、2014年度から10年間の中長期経営計画「over the“ NEXT DECADE”」に取り組んでおります。

 当社は、この10年間で、日本橋兜町再開発を起点に、街づくりに貢献する会社へと成長してまいります。また、これまで大阪や名古屋などの開発で培ったノウハウや、日本橋兜町再開発で獲得していく開発力を、新たな成長基盤構築と企業価値増大のために生かしてまいります。

 こうした考え方の下、当社本店が所在する日本橋兜町の再活性化プロジェクトの推進、コア事業であるビル賃貸事業のブラッシュアップによる収益性の強化、さらに平和不動産リート投資法人の中長期的な成長サポートを通じたAM事業等フィービジネスの拡大によるグループ全体のバリューチェーンの構築の3点を重点戦略として掲げ、また、再開発を推進する体制の強化とともに財務体質の維持向上にも努めてまいります。

 皆様の関心が高い日本橋兜町再活性化プロジェクトについては、「人が集い、投資と成長が生まれる街づくり」をコンセプトとしております。東京都は大手町から日本橋兜町・茅場町までの永代通りの区間を東京国際金融センター構想における金融軸(Tokyo Financial Street)と位置付けることで、様々な金融機能を整備していく方針を打ち出しております。この方針を背景に、2015年6月には日本橋兜町・茅場町一丁目地区の2つのプロジェクト「兜町プロジェクト・茅場町プロジェクト」が東京圏国家戦略特区における都市再生プロジェクトに追加申請されました。

 当社が日本橋兜町再開発の第1期プロジェクトとして位置付けている「兜町プロジェクト・茅場町プロジェクト」においては、東京国際金融センター構想に資する「資産運用業者等の起業支援」、「投資家と企業の対話・交流支援」等を目的とした金融貢献施設の整備を想定しております。第1期プロジェクトの先行的な取組みとして、ビジネスサロンとカフェスペースの融合による新たなスタイルで構成された「CAFE SALVADOR BUSINESS SALON」(カフェ サルバドル ビジネスサロン)を街づくり対象エリア内に2016年3月に開設いたしました。また、イベントスペース「FinGATE」(フィンゲート)を開設し、様々なイベントを誘致しております。これらの取り組みを日本橋兜町再開発の第1期プロジェクトへ繋げていき、街づくりに向けた新たな情報発信拠点となることを目指しつつ、街の活性化・賑わいに寄与してまいりたいと考えております。

 このプロジェクトの着実な実施に向けて、精力的に取り組んでまいりますので、皆様には今後とも変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2016年7月

代表取締役社長 岩熊 博之

企業情報
社長メッセージ
会社概要
事業所所在地
会社沿革
平和不動産グループ
コーポレート・ガバナンス
賃貸物件情報
平和不動産グループが賃貸・管理する物件等をご紹介します。
再開発実績
大阪北浜・名古屋栄・仙台一番町エリアでの開発実績をご紹介します。
日本橋兜町の歴史・史跡
当社の発祥の地である「日本橋兜町」の再開発を当社は推進しています。
このページのTOPへ